外資系企業の求人・転職情報 > 職種 > 営業系で外資系企業への転職を考えるのなら

営業系で外資系企業への転職を考えるのなら

1.外資系企業における営業系の仕事について

これまでの社会人経験の中で営業職の経験がおありになるのであれば、転職のタイミングで外資系企業での営業系の仕事という選択肢もあるということを考えてみませんか?

せっかく仕事をするのなら、日本企業ならではのムダに思えてしまう方もいるようなことも少なく、逆に自分の成果をしっかりと挙げるということが重要な役割になってきますし、役割分担についてもしっかりと明確になっているということもあって、営業なら営業の仕事、と業務にしっかりと専念することができるということが、外資系企業の最大の特徴であり、メリットでもあると言えます。
前述の通り営業とはして個人の成果がかなりはっきりと求められるため、自分の役割の業務しっかりとこなしていけるだけのスキルと努力、スタミナといったものが大切にもなってきます。

日系の企業といえば”終身雇用”が当たり前の常識となっていて、会社が将来の道を用意してくれるものというように感じていらっしゃる方も多いと思いますが、そうではなく、外資系企業では自分で自分のスキルアップをしていくことも業務とあわせて求められるという傾向はかなり強くありますから、自分でのしあがってやるんだ!!という位の気コツがないと日本のような終身雇用という安定した生活は望みにくいかもしれないということも認識しておく必要はあると思います。
あくまでも外資系企業のほとんどの場合は”成果主義”ですから、成果をしっかりと出すことができればその分、月収・年収その後のキャリアに反映されるため、営業という分野でもっともっと上を目指したい!!と思っていらっしゃるのであれば、外資系企業への転職はかなり有意義な生活を送れるのかもしれません。

2.英語力を生かせる営業系の仕事について

外資系企業などへの転職の際に英語力が求められるシーンでは、TOEICの得点が目安とされることが多いですが、英語でビジネスができるだけのコミュニケーション能力も合わせて求められます。
企業によっては、今現在そこまでの実力派ないが最低必要とされるラインさえクリアしていれば、努力とやる気があるのであれば、入社してからそこまでのラインに達することでもOKとなる場合もあります。
実際に英語はそこまで自信があるわけではないが、やる気と仕事で上り詰める意欲はある、ということで入社できたという方もいらっしゃるようですから、貴方のアピール次第では現状の英語力はそこまで重要ではないとしてくれる求人を探してみるのも手でしょう。

ISSコンサルティング

転職情報サイトや転職コンサルティング会社はそれこそ無数に存在をしていますが、「外資系企業」に的を絞った場合、ISSコンサルティングは一際異彩を放っています。なんと、取引先企業の98%が外資系で、3000社以上へ人材を紹介してきた実績があるのです。紹介先には幅広い業種の大手一流企業があります。一例を挙げるならば、消費財メーカーではプロダクター・アンド・ギャンブル、製造業ではスリーエムやシーメンス、コンサルティングファームではボストンやA.T.カーニーなどでしょうか。この他、製薬・IT・金融でも各業界の名だたるトップランナーとの取引実績があり、ISSコンサルティングの持つ外資系ネットワークの強力さが伺えます。所属するキャリアコンサルタントは業界チャネル別のチームに分かれており、各業界・各企業に精通しています。紹介されるポジションは、即戦力を求める外資系らしく、ミッドキャリアからエグゼクティブクラスまでハイクラスなものが多く、実力主義の外資系企業で活躍したい方にぴったりの転職コンサルティング会社だといえるでしょう。