管理部門

管理部門とはなにか??

転職活動をされていて「管理部門」って書いてあるけど要はなにをするんだ?と思ってしまう求人をご覧になったことはありませんか?

管理部門というのは、「企業の中で直接”事業”に関わらない部門」のことをまとめてそう呼んでいるのだそうで、特定の一つの部署を指しているわけではないのだそうです。

たとえば、含まれるものとして「秘書、会計、人事、総務、財務、労務、法務、経営企画、経理」といったものがあります。

どれも、顧客と直接やり取りをしたり、表立って外にでることはない業務です。
ですが、この仕事が成り立たなければ、会社は成り立ちませんよね。

ですから、「管理部門」というのはかなり重要なポストでもあり、広い業務範囲をさす言葉、ということになりますね。

管理部門への転職を希望するなら

どの仕事についても同じことがいえます。
転職を希望する場合には、きちんとその企業についての情報と、希望する仕事において求められているものは何か、ということをしっかりと読み解くことが重要です。

なんだかよくわからないけど求人があったので応募してみました。
と思われても仕方ないような転職活動をしてしまえば、きっとどこの企業でも積極的に雇ってくれることはないでしょう。

まずはご自身で「管理部門」の中でもどこを希望するのか、また希望を出すことができるのかどうかも合わせて検討する必要があります。

そしてどんな仕事内容になるのか、自分にはどんな仕事ができるとアピールできるかといったことも考えてみてください。
転職活動には「自己アピール」は必須です。
しないと自分を採用してくれた時に、どんないいことがあるのか、先方にはまったく伝わりません。

重要なポストでもある管理部門、色々な業務があるからこそ、どのように仕事をしていきたいと思っているのかといったこともしっかりと纏めておきましょう。

ISSコンサルティング

転職情報サイトや転職コンサルティング会社はそれこそ無数に存在をしていますが、「外資系企業」に的を絞った場合、ISSコンサルティングは一際異彩を放っています。なんと、取引先企業の98%が外資系で、3000社以上へ人材を紹介してきた実績があるのです。紹介先には幅広い業種の大手一流企業があります。一例を挙げるならば、消費財メーカーではプロダクター・アンド・ギャンブル、製造業ではスリーエムやシーメンス、コンサルティングファームではボストンやA.T.カーニーなどでしょうか。この他、製薬・IT・金融でも各業界の名だたるトップランナーとの取引実績があり、ISSコンサルティングの持つ外資系ネットワークの強力さが伺えます。所属するキャリアコンサルタントは業界チャネル別のチームに分かれており、各業界・各企業に精通しています。紹介されるポジションは、即戦力を求める外資系らしく、ミッドキャリアからエグゼクティブクラスまでハイクラスなものが多く、実力主義の外資系企業で活躍したい方にぴったりの転職コンサルティング会社だといえるでしょう。