外資系企業の求人・転職情報 > 職種 > MBAを取得すれば、給与(年収)が上がる傾向にある…

MBAを取得すれば、給与(年収)が上がる傾向にある…

「MBAを取得すれば、給与が上がる」ことを考える前に、MBAを取得することによるメリットについて考えてみたいと思います。
そこには、大まかに3つのメリットがあります。

○ネットワークの形成(構築)…
MBAのバックグラウンドは、社会人が勉強を学ぶ場であることです。
それ故、さまざまな職種の人に出会うことができる…つまり「人脈の宝庫」といえます。
そしてMBAで培った人脈の宝庫は、卒業後も情報網として(お互いに)活用することができます。
実際、MBAの多くの卒業生はこのように言っています…「MBAでできた人脈が最も役に立っている。」と…。

○ネットワークの活用…
MBAのネットワークの形成ができれば、自ずとネットワークを活かすことができます。
例えば、MBAのネットワーク網を通じて転職先を紹介してもらう~関連企業同士による事業の拡大~お互いの個性を活かして企業を起こす…このようにビジネスを通して、積極的にネットワークを活用することができます。

○異業種/異文化を通じて成長する…
異業種/異文化~つまり国籍の違う仲間たち(社会人)と互いに学ぶことを通じて、多種多様な思考能力(モノに対する考え方)が生まれるだけでなく対応能力も身に付き、それが結果として人と人を結ぶコミュニケーション能力の向上に繋がっていきます。
コミュニケーション能力は自分自身を客観的に捉えるだけでなく、広い視野で物事を見据える能力が身に付くことを意味します。

こうした3つのメリットを考えれば、自然とある問いに対して答えが見えてきます。
「MBAを取得すれば、給与が上がる」…さまざまな能力を構築することは、企業における自分自身のポジショニングを高めることになります。
つまり…給料は上がる傾向にあるということです。
(MBAを習得しない人と比較して…)

もちろん人生において給料が上がることだけがすべてではありませんが、自分のキャリアが向上すればその延長線上に給料アップもあるということです。

ISSコンサルティング

転職情報サイトや転職コンサルティング会社はそれこそ無数に存在をしていますが、「外資系企業」に的を絞った場合、ISSコンサルティングは一際異彩を放っています。なんと、取引先企業の98%が外資系で、3000社以上へ人材を紹介してきた実績があるのです。紹介先には幅広い業種の大手一流企業があります。一例を挙げるならば、消費財メーカーではプロダクター・アンド・ギャンブル、製造業ではスリーエムやシーメンス、コンサルティングファームではボストンやA.T.カーニーなどでしょうか。この他、製薬・IT・金融でも各業界の名だたるトップランナーとの取引実績があり、ISSコンサルティングの持つ外資系ネットワークの強力さが伺えます。所属するキャリアコンサルタントは業界チャネル別のチームに分かれており、各業界・各企業に精通しています。紹介されるポジションは、即戦力を求める外資系らしく、ミッドキャリアからエグゼクティブクラスまでハイクラスなものが多く、実力主義の外資系企業で活躍したい方にぴったりの転職コンサルティング会社だといえるでしょう。